一般住宅のように補助金物としてでなく、主要金物に置き換えたプロウッド・スタンダードシステム。柱・梁と共に住まいの最も重要な部分である仕口・継手にオリジナル接合金物を用いることで木造住宅の精度・強度・自由度を飛躍的に高め、今までの在来工法ではとても考えられなかった大空間ができるようになりました。

地震の際にゆがみが大きいと建物の接合部分が壊れ、倒壊してしまう恐れがあります。この、ゆがみに強い構造にするには床が重要なポイント。プロウッド・スタンダードシステムの床は構造用合板を土台や梁に直接打ち付け、床組を一体化させた「剛床」を採用しています。上からの荷重だけでなく外力で生じる歪みや、ねじれに強い剛性を発揮します。
柱を基礎に連結し、荷重を直接柱から基礎に伝えるため、重い荷重がかかっても土台がめり込むようなことはありません。加圧注入処理材による土台や根太により、防腐・防蟻加工も万全。こうした土台の強さと性能により、将来の増築や改築に柔軟に対応することが可能となったのです。
一般木造住宅のように補助金具としてでなく、主要金物に置き換えたプロウッド・スタンダードシステム。仕口・継手にオリジナル接合金物を用いることで木造住宅の精度・強度・自由度を飛躍的に高め、在来工法ではとても考えられなかった大空間ができるようになりました。
今まで一般的だったムク材は、産地や育成環境によって強度にばらつきが出やすく、乾燥による反りや割れ、狂いが出やすいなど、強度や品質の均一化が困難でした。プロウッド・スタンダードはそうした問題にエンジニアリングウッドを使用することで解決。ムク材の弱点を克復するだけでなく、鉄骨造やコンクリートにも負けない驚くべき強度能を実現しました。
施工事例
取扱商品トップへ戻る