『住宅あんしん保証』の詳細を見る
住まいに関する"万が一"をしっかりバックアップ。
住宅建築を請け負った建築会社が
倒産しても、
施工途中の住宅の完成までの引継や追加費用などの保証のほか、
不同沈下や瑕疵が発生した場合などに補修費用などを
10年間保証します。
 お施主様が住宅の建築を依頼した建築会社が倒産した場合などに、住宅の完成までを保証する制度です。
 もしもの時にお施主様に負担を強いることなく、引き継ぎ業者の選定・移行、追加費用の負担など、住宅の完成までしっかり保証されます。
 この保証は地盤沈下による建物の不具合が起きないよう、施工前に地盤を「調査」し、軟弱な地盤には最良の「対策工事」を行う制度です。
 「調査」「対策工事」に基づいて施工された住宅に、万が一不同沈下に起因する損害が発生した場合は、建物・地盤の修復費用を「完成お引き渡し日より10年間、最高5,000万円まで」が保証されます。

建築会社とは関係のない第三者機関(国土交通省指定評価機関)が検査を行い、お施主様の住宅が確かな品質であることをプロの目でしっかり確認します。
 保証期間中に万が一、品確法上の瑕疵が発生した場合には、その補修費用を保証します。もし建築会社が倒産しても瑕疵保証は継続されます。